旅行・イベント

海外旅行でまさかのトラブル…信頼出来る旅行会社をしっかり選ぼう!【体験談】

HELLO、はるかに(@sun-crab)です。

今回は私の家族の、海外旅行の時の体験を書いていきたいと思います。

私の家族は非常に旅慣れていて仕事も自由がきくので、年に何度も旅行へ行っています。

特に妹は非常に語学が堪能で、海外旅行に行った時も現地で困ることはほとんどありません。

しかしそれは、何のトラブルも起きなかった時の話…というのを思い知らされた出来事です。

海外旅行の上級者

前述したように、家族は非常に旅慣れています。

国内はもちろん、年に3回以上は海外旅行、しかもアジアではなくヨーロッパ方面です。

慣れていることと語学が出来ることから、至れり尽くせりのパッケージツアーなどではなく、個人旅行や、旅行会社を通じても航空券とホテルのみの格安プランで自由な旅をしており、以前は「ツアーなんて連れ回されるだけだし嫌!自分で行った方が楽だから!」と言うほどでした。

飛行機の乗り継ぎでのトラブル発生

最初の連絡から音沙汰がない、連絡がとれず…

ヨーロッパ方面ですから、もちろんトランジット(飛行機が他国の空港に給油などで一旦降りること)は普通にありますし、飛行機の乗り換えもあります。

トラブルが起こったのはスイスから帰国する便で、フランスの空港で乗り換えるという話を聞いていましたが、「到着する便が遅延して、乗り継ぎの飛行機に乗れなかった」という連絡が入りました。そして次の飛行機は明日まで来ないため、一泊するとのこと。

自宅で連絡を受けた私は、フランスの空港に取り残されたのだと思いました。

そしてフランスで一度出国して、どこか適当に一泊するんだろうなーと。

空港には概ね無料Wi-FiがありますのでLINEで連絡が入りましたが、そこから一切音沙汰がないまま、翌日、フランスでテロがあったとのニュースが報道されました。

もうパニックです。

旅慣れているからこそ、恐らくフランスで一泊となった時に「ラッキー、どっか行こう」となっているに違いない、もうどこにいるのかも分からず連絡もとれない、という状況でした。

慌てて日程表を確認

いつもあまり計画も立てず、行こうと思った時にさっと旅行に行ってしまう家族なので、今まで特に気にしたこともなかったのですが、初めて旅行会社から提供されている「自宅に置いていく日程表」を見ました。

日程を見ても、もちろん乗り継ぎが出来なかったのですから、どこにいるかは分かりません。

そもそも本人たちからは「到着する便が遅延して、乗り継ぎの飛行機に乗れなかった」という連絡しか来ていないのです…

「どうしよう、たぶんただのパックか個人旅行だけど分かるかな…?」と、仕事の合間に日程表の連絡先である、JTBのデスクに連絡をしました。

JTBに連絡して、初めて全貌がわかる

連絡してツアーを検索して貰い、やっと全貌がわかりました。

まず乗り継ぎはフランスの空港でなくオランダの空港。出国も一泊したのもオランダでした。

「良かった…テロは関係なかった…」とものすごく安堵しました。

そして連絡が来なかったのも「人間の乗り継ぎは出来なかったが、荷物だけは移されて既に日本に出発していた」ということで、たぶん携帯の充電器(もしくはUSB)は手荷物で持っていたでしょうが、変圧器などがなくてホテルで充電が出来なかったのだと思います。

そして

「大丈夫です。今回のツアーは添乗スタッフも一緒なので、問題ないと思いますよ」

とJTBのスタッフさんに言われ、安心すると同時に「えっ、添乗員さんがいるツアーなんですか?」と、そこに一番驚いてしまいました…

 

【スポンサーリンク】

帰国後に聞く、JTBの至れり尽くせりの対応

家族が帰国してから空港でのことや料金の話などを色々聞いたのですが、

「さすがJTBだと思った。初めてこんなことになったけど、今回JTBでのツアーにしておいて、本当に運が良かった。」

とのことでした。

乗り継ぎトラブルの責任の所在

乗っていた飛行機が遅延し、次に乗るはずの飛行機に乗れない…

よくありがちなトラブルに感じますが、その原因や責任の所在で対応が大きく変わるのだそうです。

もし天候が原因で飛行機が遅延したのであれば、航空会社からチケットの払い戻しや代わりの便の手配は一切なく、現地に宿泊する費用も全て自分自身で支払うのだそうです。

私自身は旅の初心者のため全く知らなかったのですが、よくニュースで天候が原因で飛行機が飛ばず、空港の待合席で何泊もしている人がいるのはそういった理由だったのです。

遅延の原因が飛行機の機材トラブルなど、航空会社の責任であれば、代わりの便の手配や宿泊費は全て航空会社が支払ってくれるのだそう。

そしてこれ「飛行機内の説明やアナウンスなどの最初の説明をきちんと聞いておくこと」がとても大事なようで…

家族はそういった内容を聞き逃してしまったそうなのです。

しかしJTBの添乗スタッフさんはきちんと聞いており、飛行機から降りた後に「天候が原因だったから補償は出来ない」と説明された時、「最初と話が違う」と交渉をしてくれたそうです。

そりゃ荷物は日本に出発してるんですから、天候にも原因があったかもしれませんが、たぶんそれだけじゃないでしょう。

最終的に代わりの便の手配や現地のホテルの宿泊代は航空会社が出し、着替えなどの荷物も一切ないので、一泊用のトラベルセット(Tシャツや下着などが入っていたそうです)も、JTBさんから渡されたんだとか。

家族は「交渉してくれなかったら、航空券とホテル代で2桁に近い金額までいってたかも」と言っておりました。

すごいですよね。

更にすごい添乗スタッフさんの「ザ・プロフェッショナル」

更に、スイスの空港の免税店で商品を買って手荷物で持っていた人が、一度出国をしないといけないので税関で商品を没収されそうになったのですが、添乗員さんが鞄を自費で購入して商品をしまい、空港に預けたんだそうです。

「ちょうど鞄が欲しかったからいいんですよ~」

と笑いながら言っていたそう。

プロフェッショナルさが神がかってますよね…

旅行は、自信があってもトラブルの可能性は考えよう

この後、今まで「まあ何とかなるでしょ!安いし!」と海外旅行へ出かけていた家族も、クレジットカードに付帯している保険を旅行前にしっかりと確認したり、少し割高でもポイントを貯めてお得になるようにしよう!としっかりとした旅行会社を選ぶようになりました。

JTBさんにかなりお世話になっているようです。プランが多くて選びやすかったり、ツアーも他社で中々入れない施設に入れたりすると言っていました。

更に海外旅行の保険に関しては、行く国にもよりますが、怪我や病気の時の病院代の保障と、今回のような飛行機トラブルは一番お金がかかるようで、そこを重要視して加入しているようです。

ランクの高いクレジットカードなら、このあたりが保障されているものが多いですね。

自分に合ったクレジットカードを選ぶオススメの基準を知る!【初心者向け】HELLO、はるかに(@sun-crab)です。 今回は「オススメのクレジットカード」というお話ではなく、自分自身で「クレジットカ...

格安がダメというわけではありませんが、近年は有名なところで「てるみくらぶ」の破綻がありました。

また、あまり報道されないだけで、国内外の旅行会社や航空会社も経営が破綻しているところはありますし、かつては最大手の航空会社のJALでさえ経営破綻してしまっています。

旅先でトラブルが起こってしまった時に、困るのは自分や自分と一緒に行っている家族や友人などの親しい人たちです。

きちんと自分で考えて選んで、万一のトラブルの時もしっかりとした対応をしてくれる旅行会社を選びたいですよね。

【スポンサーリンク】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

数年前の話ではありますが、万一とはいえ旅行のトラブルはダメージが大きいですし、しっかりと商品やサービスを選んでいきたいですね。

以上、はるかに(@sun-crab)でした!

ここまでお読み頂いて、ありがとうございました!

アイキャッチの写真素材はこちらのサイトからお借りしました。

フリー素材ぱくたそ