飲食

ダイエットにも◎!レンジでチンの簡単ロイヤルミルクティーでほっと一息

HELLO、はるかに(@sun-crab)です。

今回は忙しい時にもほっと一息つける簡単ミルクティーの作り方を書いていきます。

カロリー低めで満腹感もあるので、ダイエットにもいいですよ!

ロイヤルミルクティーとは?

まずは、ミルクティーとロイヤルミルクティーの違いから説明していきます。

ミルクティーというのは「淹れた紅茶に少量の牛乳を加えたもの」です。

普通の喫茶店やカフェなどでミルクティーを頼むと、フレッシュを添えて出てくるところもありますが、ミルクティーは牛乳を入れるだけですので、それほど手間がかかるわけではありません。

対して、ロイヤルミルクティーは

「牛乳のみ、もしくは水と牛乳を半量ずつ入れて鍋にかけ、茶葉を加えて葉を開かせる」

もしくは

「濃く出した紅茶に温めた牛乳を加えたもの」

となります。

紅茶を濃く出すには鍋にかける必要があり、総じて「茶葉を鍋で煮出す」という非常に手間のかかる作業が必要になります。

因みにこれを牛乳多めで煮出して砂糖を入れると「チャイ」、そこにスパイスを入れると「マサラチャイ」になります。

手間も時間もかかる「鍋で煮出す」作業

ロイヤルミルクティーは一度作ってみるととっても美味しいし、あっつあつで癒されるのですが、手間も時間もめちゃくちゃかかります。

特に牛乳を鍋に入れると火が強いとすぐ焦げ付いてしまうので、弱火でじっくり時間をかけて温め、茶葉を開かせなくてはいけません。

もちろん弱火でも焦げ付きを防ぐために混ぜ続けます。

大体20分くらいかかります…

この手間を一度体験してしまうと、「飲みたい」という気持ちより「面倒だな…」という気持ちが先行してしまいます。

ただ本当に美味しいので、気持ちに余裕がある時は作ってみて下さいね。

冬に体を温める、鍋で作るロイヤルミルクティー・チャイのレシピHELLO、はるかに(@sun-crab)です。 今回は「お鍋で作るロイヤルミルクティー・チャイの作り方」について書いていきます。...

レンジでチンで煮出す、ロイヤルミルクティーの作り方

さて、そこで活躍するのが前回も活躍した

はるかに
はるかに
お茶パック(小)

これは茶葉がある場合ですね。

普通のティーバッグの紅茶でも可能です。

 

1.まず手頃な大きさのマグカップに、牛乳、もしくは水と牛乳を半量ずつ注ぎます。

 

2.お茶パックにいつもの2倍入れた茶葉、もしくは金属部分を完全に外したティーバッグ2つをマグカップに入れます。

!注意! ティーバッグがホッチキスで止まっている場合は必ず外して下さいね。

火花が出ます!

※茶葉の分量やティーバッグを多く入れないと美味しく出ません。

 

3.牛乳が吹きこぼれないよう様子を見ながらレンジで温めます。

レンジに「牛乳を温める」モードがあれば使用して下さい。

出力によりますので正確に何分とはいえませんが、500Wだと3分過ぎたぐらいで吹きこぼれる可能性が高いです。

何度か試してみて、自分のレンジでかかる分数を覚えておけば、次からは放置でOKです!

 

4.レンジが止まったら、カップを取り出して1~2分待って下さい。

紅茶の色が全体的に変わって来てお茶が好みの濃さになったら、お箸やミニトングでお茶パックを取り出して下さい。

!注意! カップがすごく熱いので火傷に注意して下さい!

 

6.お好みで砂糖などを入れて下さい。

 

これで皆さんのお手元には、お好きな茶葉で作った出来立てアツアツのロイヤルミルクティーが出来たはずです!

スパイスを入れてマサラチャイを作る時は、2.の茶葉と一緒にお茶パックに入れて下さい。

参考までに、私のマサラチャイを作る時の画像もいくつか載せておきますね。

茶葉とスパイスをパックにIN!

レンジから出した直後です。

ふたをして、1~2分待機…

お砂糖を入れて完成!

私が使っているのはルピシアさんの「モンポット」

こちらの記事でも書きましたが、私はルピシアさんの「モンポット」という商品を愛用しています。

手軽な紅茶の楽しみ方!普段の生活に取り入れる方法!HELLO、はるかに(@sun-crab)です。 今回は私が普段から愛飲している「紅茶」について書いていきたいと思います。 ...

高校生の時から茶器を収集し、家族に「もうマグやポットは買うな」とまで言われている私が、茶こし付きのマグカップも大量に持っている私が、2017年の年末に購入した商品です。

見た瞬間に「何かめっちゃ便利そうなんある!」と思いました。

私の考える茶こし付きのマグカップの一番のメリットは

「茶葉が簡単に取り出せ、作業の合間に放置しても味が変わらない(苦みや渋みが出ない)」

ということなのです。

昔はティーバッグ商品では自分の好きな銘柄がなく、茶こし付きマグカップでフルリーフのお茶を手間なく飲むのが習慣でした。

ただ電子レンジにはかけられない。金属製品は火花が出ます。最悪、燃えます。

けっこう昔ですが、リプトンさんが上記のレンジでチンするロイヤルミルクティーのCMをしていたことがありました。

このレシピの中でも「ホチキス利用の商品は使わないでね」という注意書きがありますね。

このCMと前後して、リプトンさんは商品を新開発のピラミッド型ティーバックに切り替えました。ホチキス留めのないティーバッグですね。

昔からレンジでチンのロイヤルミルクティーを作る時はお茶パックを使っていたのですが、いつもお箸でパックを取り出す時に「茶こし付きマグが使えたら、もっとさっと取り出せるのになー」と思っていました。

その日々を過ごした私には、見た瞬間に買わないという選択肢がなかった商品です。

以前スタッフさんに聞いたところ、春とクリスマス前後に限定のものが出るそうなので、欲しい方は要チェックです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普通に作ると大変な手間のかかるロイヤルミルクティーも、意外と簡単に作れるんです。

そしてチョコレートやキャラメルなどの甘い香りのフレーバードティーで作ると、ダイエットにすごく効果的なんです!砂糖を入れなければカロリーが牛乳の分だけなので!

是非お試し下さいね!

以上、はるかに(@sun-crab)でした!

ここまでお読み頂いて、ありがとうございました!